はなさき保育園

メニュー 閉じる

保育園での様子

12月19日(木)

何より“楽しく”!リズム運動

リズム運動って?!

このリズム運動は約50年前に、社会を取り巻く環境の悪化が子どもの発達をゆがめている、豊かな発達が守られないことを憂いて考案された研修です。

リズム運動は音楽に合わせて楽しく体を動かすものです。日常生活のなかではなかなか使わない筋肉を良く使い量的にも、保証しようとするものです。

職員の感想

実際に1つ1つのリズム運動を自分の身体を動かしながら学べたことで、「どの筋肉・どの部位を使っているのか」「力をつけさせたいのか」が分かりました。そして同じ動きであっても手の向きが変わるだけで、使っている筋肉が変わるということを知りました。金魚やどんぐりなどの動きも時代の流れや年齢によって動きが変わっているということを知り、日々学んでいくことが大切だなと思いました。

保育者の進め方や、言葉がけ1つで「子どもたちが楽しくリズム遊びができるか」が変わってしまうので、日々のリズム遊びでの自分を振り返りながら、子ども にとって良い雰囲気づくりができるようにしていきたいと思います。

(保育士 市川さん)

ページの先頭へ