花のイラスト
はなさき保育園のおもい thoughts
園児イラスト

代表メッセージ

日本は四季に様々な花が咲きます。
「はなさき保育園」は、子どもたちの豊かな個性を大切に育てるという思いを込めて命名しました。
運営母体である「株式会社Green Earth」は、「緑の大地」という意味です。
花(=子どもたち)が、将来色々な可能性を花開くためには、大地(=法人)がしっかりと保育園を支えるという信念のもと運営しています。

私は「はなさき保育園」を開園する以前は、延べ8年間保育業界にかかわってきました。新規保育園を作る業務を主体業務としてやってきましたが、いくら投資をかけて新規保育園を作っても、安心で安全な地域から信頼される保育園は作れません。

子どもたちにとって、一番の保育環境は何か。
それは子どもたちに一番接する先生方(職員)です。保育園で働く先生方が一番の保育環境です。
先生方の安定した人間関係があることで、子どもたちが愛情を感じながら安心して保育園で生活し、自分を自己表現できるようになることで、子どもたちの豊かな感性が育まれると考えます。

「はなさき保育園」は、練馬区春日町にて「練馬春日町第一」からスタートしました。数名の仲間の先生方とスタートした保育園は4施設となり、今では約60名の先生方が仲間となり、「はなさき保育園」に通う子どもたちの成長を、保護者の皆様と共に、子どもたちの成長する感動を分かち合いながら、楽しく運営しています。
地域の皆様から信頼され、地域に貢献できる保育園を目指した志を忘れず、仲間の先生方と共に、これからも子どもたちと先生方の笑顔がたえない保育園を運営してまいります。

代表取締役 井上 典昭

保育理念

大樹の子のびのび はぐくみ未来につなぐ

保育方針

  • 安心できる人との関わりの中で、一人一人の子どもの育ちを大切にし、信頼関係を深める
  • 保護者、地域、職員が子どもとの関わりの中で、感動を分かち合い、子どもの成長をあたたかく見守る
  • 整った環境の中で、豊かな感性を育てる

保育目標

  • 心身ともにたくましい子ども
  • 個性をのびのび発揮できる子ども
  • 自分で考え行動し、表現できる子ども
  • 様々な人との関わりや暮らしを通じて、人間らしく生きる子ども

園のこだわり

環境づくり
安全・安⼼を基本に「⼦どもの過ごす環境」を⼀番に考えます。
⾃然に囲まれた保育園の中には、あそびに夢中になる玩具、くつろげる保育環境、そして暖かく優しい先⽣達、みんなの⼼が満たされる環境づくりを⽬指しています。
あそび
⼦どもは「あそび」の中で育つと考えます。「あそび」こそが学び。そして、⼦どもにとって「あそび」こそが⼈⽣の学びの出発点。豊かな⼈⽣を送るための第⼀歩です。
食育
⾷に関することすべてが⾷育と考えます。毎⽇いただく⾷事はとても⼤切、和給⾷を中⼼に安全で旬の⾷材を提供します。また、⾷事のマナー、⾷に興味を持つ活動、幅広く⾏い健康な⼼と体を育てます。
保護者支援
保育⼠、看護師、栄養⼠、調理師みんなが資格を活かしそれぞれの⽴場から保護者に寄り添い、⼦育てのお⼿伝いを⾏います。
地域交流
地域に根付いた保育園を⽬指します。また、地域との関わりを⼤切に、はなさき保育園の⼦ども達だけでなく地域の⼦どもも育てます。